lapisのメルスリー

クロバーのボビンシャトル

使ってみました。
私の感想を書いてみたいと思います。

メーカー品質というか、納得のJAPANクオリティーでした。



1091-2.jpg



タティング用品をお願いしている アピューさんに
予約して、購入しました。

国産でツノ付き、というのに惹かれ興味津々です。



1092-2.jpg



ワッシャーという、プラスチックのリングが何か
気になっていましたが、ミシンで糸を巻く時に使用するものでした。

まん中にある、ストッパーにボビンを差し込み糸を巻きます。
巻き易いです。
予備のボビンもストッパーをはめると、ほどけずいいなと思いました。



1093-2.jpg



特筆することは、ボビンの仕様です。
今まで無かった部分、糸端を結ぶことで
糸を最後まで使えます。



1095-2.jpg



持っているボビンシャトルの比較です。
Aerlit (まん中)を長く使っていました。
これが、なかなかの曲者で、
最初は引っ張っても糸が出ず(ボビンの回りが固すぎて)
使っているうちに、良くなりましたが長く使用すると、
今度は、シャトルを引くと、糸がずるずる出て来てしまうという状況です。
ボビンを交換して少し良くなりました。

金属のは巻ける糸の量も少なく、扱い辛かったです。



1096-2.jpg



クロバーのシャトルは、少し抵抗はありますが
引けば、ちゃんと糸が出、結っている時にシャトルを引いても
ボビンの糸が出て来ず、良く出来ていると思います。

持った時に、多少厚みを感じますが、使い勝手は良いです。
ツノは、いつものシャトルと一緒で使い易いです。
ピコットの長さを、少し調整したい時などは、ツノがあると
とっても便利!
後は、使っていって、ボビンと本体の接点の摩耗がどうなるかです。



1101-2.jpg



私にとって、ボビンシャトルの最大のメリットは音です。
病院の待ち時間などに結う時、場所によって
シャトルの音が妙に響いてしまうことがあり、
ボビン式だと気兼ねなく使えます。

新しい道具が加わると、ちょっとテンションがあがります。
やりかけの事があるのに、色々試したくて困ります。



1097-2.jpg



またいつか、シャトルのことを書いてみたいです。

P. S. ダイソーのシャトルでびっくりしていたら、他からも100均シャトルが出るらしい。
    おまけに今度は、大(8cm)、小(6.5cm)あってそれぞれ、3コ入りですと。
    糸も出してと思ってしまう!

PageTop

ダイソーのタティングシャトルとちいさなドレス

ネットでUPされているのを見て、びっくり!
1コ 100円でも安いのに、まさかの3コ入り。
もう、探すしかないと、近くのお店を何軒か回ってどこにも無くて、
注文できるか聞いてみると、倉庫に在庫が無くできないと。

あきらめて、家に帰り、だめもとで
ちょっと離れた所のお店に電話してみたら、
ありますと、ヽ(^o^)丿飛んで行きました。



1086-2.jpg



即行、お試し。
う~ん。 ありだ!
十分使えます。
#40、#20、オヤの細糸(#40の半分ぐらいの細さ)
どれでも OK です。
1コ 36円で、このクオリティは凄すぎる。



1090-2.jpg



ブログで書いてる方が、いらっしゃいましたが、確かに個体差はあります。
うちのは3コの内、グレーの、つのが無い側は、少しすき間があり
オヤの細糸だと、引っ掛かりがありません。
#40だと、カチッと音がします。
ピンクとネイビーは、細糸でもカチッとします。

ただ、このお値段で、シャッター部分も良くできていると思います。
タティングブーム来るかもですね。



1076-2.jpg



1コ作ったら、ハマってしまって。
増殖中です。
季節の変わり目の不調で、思うように作れませんが
何コできるか。



1079-2.jpg



私も、本の上に乗せてみました。



1082-2.jpg



オヤ糸も使ってみたりして。



1085-2.jpg



完成までもう少し。また、このお花の可愛いこと。
小指の爪ぐらいの大きさです。
こんなに小さいお花は、初めて作りました。
楽しいです。

それにしても、ブログって凄いなあーと思います。
S様、K様、ナイスな情報をありがとうございます。
心から、感謝いたします。

そして、クロバーの新商品も頼んであるので楽しみです。
国産初のボビン式、どうだろう?
しばらく、タッターになりそうです。

PageTop

モザイク画完成

卵殻モザイクの額が仕上がりました。
まだ、悩みながらですが、最初なので
こんな風になりました。
絵ハガキぐらいの大きさです。



1069-2.jpg



楽しかったです。そして、難しかった。

実際にやってみて、イメージしていたことと違って
またそれが、卵殻モザイクのおもしろい所と感じました。



1070-2.jpg



指で割って形を作り、貼り付けて押さえた時に
自然にできるひびが味わいになります。
卵の殻の部分によって、ひびの入り方が変わります。

形を作るのが難しく、平らな所ばかりを使ってしまい
丸みのある所の方が、大きくひびが入るので
おもしろいものができたかなと思いました。



1068-2.jpg



皆様の作品です。
ニスを塗って、できたてのホヤホヤです。
富士山と鳥の下絵を、先生が用意して下さいました。

同じ下絵なのに、みんな違います。
どれも、その人の個性と工夫で
ステキ! と思いました。

そして、熱心に取り組まれる姿に、刺激を受けました。



1071-2.jpg



いつも独学で、色々作っているので
習うことの良さを実感した講座でした。
先生に教えていただくことの嬉しさを感じました。

卵殻モザイク、奥が深いなあと思います。
また何か作ってみたいです。

親切に丁寧に教えて下さった、安藤先生
ありがとうございました。
講座の皆様、ご一緒できて楽しかったです。
良い時間を共に過ごせて感謝いたします。

PageTop

タティングのストラップ

卵殻モザイク教室の皆様へ
おみやげに、
タティングレースのストラップを作りました。



1053-2.jpg



イーネオヤに比べると、シャトルの方がらくかなと
何だか楽しい。
お花がいっぱい咲きました。



1058-2.jpg



リズベスの10番、国産の20番と30番を使用しています。
このモチーフの良い所は、糸の太さで目数を変えると
大きさを揃えることができるところです。



1059-2.jpg



色で組み合わせを考えます。
合わせてみると、意外な組み合わせが
可愛かったりします。



1054-2.jpg



卵殻モザイクの作品は、まだ途中なので
代わりに、先日発掘した日本画の道具達です。



1055-2.jpg



ビンテージものです。
自分でも何が入っているのか、覚えていませんでした。
「TACTICS」 って知っていますか?



1056-2.jpg



日本画の絵の具が、こんなにあってビックリ!
初めて見るような気持です。



1057-2.jpg



水干というのが、卵殻モザイクの着色に使えるそうです。
埋もれていた材料に活用の機会が訪れて、嬉しいです。

顔彩も何処かにあったはずで、
筆も入っていないので、まだありますね。

う~ん、片付けたい!

PageTop

卵殻モザイク

卵殻モザイクの教室に行って来ました。

講師は、卵殻モザイク研究所の安藤彩子 先生です。
以前、展示会で作品を見て、
その素晴らしさに憧れていた先生です。



1049-2.jpg



4回の講座で、モザイク画とネックレスを作ります。
今日、ネックレスを作って来ました。
初めてのことは、驚きと発見の連続です。

先生に習えるというのは幸せなことと思いました。



1050-2.jpg



ベースは革で、なめしていない方に着色した殻を接着します。
やってみると、これがとっても楽しい!
夢中になってしまいました。
こんな風に、何かに集中するというのはすごく好き。



1051-2.jpg



卵の殻と思えません。いい感じ!
自由に好きな色を、ランダムに貼っていくだけなのですが
貼った殻を上から押して、ひびを入れるというのが
おもしろいです。



1047-2.jpg



卵の殻は、内側の薄皮をきれいに取るのがポイントです。
着色は、教室での基本は、日本画で使う顔彩ですが、
アクリル絵具や水彩絵具(ニスでコーティング)、
マニキュアなども使えるそうです。
試してみたいです。

モザイク画は、どんな風になりますでしょうか。

PageTop