lapisのメルスリー

針の収納

キャンデイの缶(直径8cm、高さ3cm位)
ジャムの空き瓶、パッチワークのケースです。



614-2.jpg



缶は待ち針を入れています。
蓋があると安全です。
ピンを打ってミシンを掛ける時、
はずしたピンを入れるのに、蓋が便利です。



615-2.jpg



ジャムビンは繕いものセット。
スライド式で収納できる、ハサミが入っています。



616-2.jpg



フェルトとマグネットシートは、
針の収納に大活躍です!

フェルトを二つに折って、くるくる丸めるだけでも
収納になります。(ジャムビンの)
ただ、材質によっては錆びてしまうので(ポリエステルなど)
注意が必要です。
純毛かウールのハギレなどが良いと思います。



617-2.jpg



キャンデイ缶の中身は、コーヒーを入れた後の豆です。
良く乾かして入れます。
円形に縫った袋に入れて、上に一枚
円形の布をぐし縫いして、かぶせています。

縫い針は、手作りのケースに入れています。
なぜかというと、コーヒー豆の中から
縫い針が20本位、出て来たことがあって
それから、分けるようになりました。

ジャムビンの蓋の裏には、マグネットシートを丸く切って
両面テープで貼り付けています。
ちょっと針を置く時に便利です。



612-2.jpg



おまけ

タティングのがまぐち(井川 麻由美さんのキット)を、
手持ちの口金と、レース糸で作って見ました。
私にしては最速の二個目です。
もう一つ位作ると、納得の物が出来るかな
という感じです。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する