lapisのメルスリー

きのこ

ステッチ 終りました。

可愛い きのこ が完成です。



914-2.jpg



刺しゅうの福袋に入っていた、DMCのミニキットです。

Champignons / Mushrooms



915-2.jpg



大きさはこのくらい、13 × 13 cm。

図案部分は、9 × 9 cmぐらいです。



907-2.jpg



まず、糸の色分けから始めます。
チャートの記号と、写真を見比べて、色番を決めます。
同じような色もあるので、ハッキリ分かる色から
選んでいくと良いです。



908-2.jpg



この図案で10色です。図案の中心とクロスの中心を合わせ
まん中あたりから始めます。
クロスステッチの仕上がりの決め手は、糸のよじれを防ぐことと
引き加減、そして、ルート探しと思います。



909-2.jpg



糸のよじれを防ぐ方法の一つに、こんなやり方があります。
糸を割るという方法です。
一般的には、針をぶら下げて、自然にくるくる回すなどです。
私は、よじれると、撚りが掛かった方向と反対に
針を回しながらステッチしています。



910-2.jpg



糸が揃うと綺麗ですが、全てという訳にはいかないので
(趣味が修行になってしまいます)できるだけと、心掛けています。
あとは糸の引き加減、最初の頃は引き過ぎでしたが、
今はふっくらするようにしています。
でも、ゆる過ぎると表面がデコボコになってしまうので、加減が難しいです。



911-2.jpg



14カウントのアイーダなので、1 cmに 5.5 目になります。
独学なので、ルート探しは正しい方法がよく解らないのですが、
うまくいくと裏も綺麗です。渡る糸を短く、裏縦を基本にしています。



913-2.jpg



ステッチが終わったら、裏側から当て布をして、スチームを浮かしながら掛けます。
このサイズなら、利用方法はポーチ、巾着、小物入れなど
布地と合わせて、はめ込んだら可愛いかな。



922-2.jpg



久し振りにクロスステッチをして、やりかけの作品を出してみました。
絵の部分で 25 × 36 cm ぐらいです。



921-2.jpg



クロスステッチ部分は終わっています。
ラインをステッチすれば完成します。
何年も持ち越したので、そろそろ仕上げたいです。

スポンサーサイト

PageTop