lapisのメルスリー

フェリシモのリストウォーマー

前に作った時のこと、すっかり忘れてしまって、
今はブログがあるので残せると思い、書いてみます。

最初にキットを見て、ちょっとびっくり。
糸が太い! 並太ぐらいに見えました。
本では中細指定だったので、かなり違うように思いましたが
目数と段数は、ほぼ同じでした。



759-2.jpg



一日目、 ビーズを通す時、穴が小さくて通らないものがありました。(外す)
前回の失敗を教訓に、左右同時スタートです。
最初の作り目は、本の方(かぎ針で作る)を採用。
編んでみたら、思っていたより編みやすいけど、
糸が太いせいかビーズを送るのが大変でした。



762-2.jpg



二日目、 編んでいる途中で変なビーズ(半分位の大きさ)出現。
迷わず、ペンチで割りました。全体で3コ位かな。
最初、ガムテに挟んで割ったら剥がせなくなり大変で
次から紙に挟みました。



763-2.jpg



四日目、 昨日は出掛けてしまって写真が撮れず、夜少し編みました。
えーと、何故か、完成? ? ?
デジカメの日付を何度も確認する。

前に作った時は何週か掛かった気がするのです。
ビーズ位置を間違えてやり直し、1コずつ作って、
大きさがすごく違って、片方編み直したり。

今回まさかの4日、ノンミスだったからか
このキットが良かったのか、私がパワーアップしたか?
謎です!あ でも、肩はコリコリで石の様になっています。



764-2.jpg



サイズは、13.5×9cmで少し大き目になりました。
ビーズは各、20cm残り、糸も、もう片方編めるぐらい残りました。
こんなに糸が残るなら、ゲージをとれば良かったです。



768-2.jpg



着画を試みましたが、ブレブレの写真ばかりで
片手でシャッターが押せないみたいです!(両手でもへたくそなんだから)
という訳で、こちらで。
アウターに合わせて、コーディネートも楽し♪


ご質問をいただいたので、編み針のこと。
781-2.jpg
上から、①最初に買った、竹 0号 2本 (33cm)お店に2本針はこの長さしかなく、
       使ってみたら長すぎて、とても編みづらかったです。
      ②竹 1号針 ピンクを作った時、ゲージが小さかったので針のサイズを
       アップしました。
      ③金属 0号 5本 (25cm)試してみたら ↑ これも良いかもでした。
       きっちり編むのに向いています。針がしっかりしているので、力が入ります。
      ④竹 0号 5本 (20cm)基本はこちらで、キャップを付けて使いました。
       3本あればokです。
      ㊧カウンターは、編み物用のを幾つか持っていますが、意外にも100円ショップの
       これが使い易く愛用しています。

◎このリストウォーマーを編む時、一番注意したのは、最初の目と最後の目を落とさないように
  すること。途中の目は落してもかぎ針で戻せますが、最初と最後は難しいので。

スポンサーサイト

PageTop

フェリシモ

手芸好きな人は、何かしら、作られているのではと思います。
私も、クロスステッチやニードルポイント、
パッチワークのキットなど、色々作りました。
久し振りに、見ていたら、欲しい物がありました。



748-2.jpg



5点注文して、一番気になったのは
右上の白い袋。
「お楽しみ手作り雑貨セット」
カットクロスセットが欲しかったのですが、
届くまで中身は?



749-2.jpg



カットクロスとレシピ。
タティングレースのキット、メタルパーツでした。
カットクロスが入っていて、嬉しかったです。
タティングは作りなさいという指令かな。



750-2.jpg



メタルパーツは、四つ葉のクローバーと花モチーフ。
La Maison Artmetal 、パリのアトリエ
ナポレオン時代の軍服のボタンや徽章(きしょう)を
作っていたなんて、ロマンです。



752-2.jpg



ミッフイーはガーゼハンカチのセット。
黄色い蓋は、「こすれば香るスウィーツアロマペーパー」
バナナタルトのメモ用紙です。
こすると、チョコとバナナの甘い香りがします。
右は、アロマストーン、アロマオイルを垂らして使います。
小物入れにもなります。



751-2.jpg



そして、ビーズのリストウォーマーキット。
「②雪」 これが作りたかった物です。
実は、もう完成して使っています。



766-2.jpg



次回ブログで、備忘録を兼ねて
製作過程、UPします。
ワンポイントレッスンあります。
どうぞよろしく!!

PageTop

希望

パンドラの箱が開いてしまったかのように、色々ありまして
気持が弱ると、それに追い打ちを掛けるようなことが起きます。
かなりへこんでいた時、予約した本が届き救われました。

そういえば、パンドラの箱の中から、最後に出て来たものは
希望だったとか。



746-2.jpg



「 Tatting Lace 」 高木桂一さんの作品集です。
タティングレースの講師であり、「 あみものOTOKO 」というブログのブロガーさんでもあります。

表紙の写真は、「 シンデレラの馬車 」という作品です。
初めてブログで見た時は、あまりの見事さに息を呑みました。
タティングでここまでの表現が出来ることに、驚き、感動したものです。

中の作品は、可愛らしいものから、ため息が出そうな素晴らしい作品
そして、繊細なものまで、何度見ても飽きることがありません。
写真もとても美しく、ゆったりした気持ちで好きな作品を見ていると
心が癒されます。
それに、クオリティーの高い確かな技術、豊かな感性
また、それぞれの作品に込めた思いなどが伝わって来ます。

多くの教室で、沢山の生徒さんを教えていらっしゃるのも納得です。
ブログで、先生と大先輩のレディの生徒さんとの
心温まるお話があり、私も年齢を重ねたら
こんな風になりたいと思いました。



757-2.jpg



多分、高木先生が見れば
一目で分かる作品です。
今の私の精一杯かな。



758-2.jpg



最初の頃はピコの長さが全く揃わず、結び図も理解できなくて
やっとここまで来ましたが、独学での道のりは大変でした。

きっと、学ぶことができたら
ものすごく、ステップアップ出来るのだろうなと思います。
(どうぞ、その折にはよろしくお願い致します。)


高木先生へ
素敵な本をありがとうございました。
元気をもらえました!


作品集のお問い合わせは
ぜひ、高木先生のブログまで → 「 あみものOTOKO 」

PageTop