lapisのメルスリー

モザイク画完成

卵殻モザイクの額が仕上がりました。
まだ、悩みながらですが、最初なので
こんな風になりました。
絵ハガキぐらいの大きさです。



1069-2.jpg



楽しかったです。そして、難しかった。

実際にやってみて、イメージしていたことと違って
またそれが、卵殻モザイクのおもしろい所と感じました。



1070-2.jpg



指で割って形を作り、貼り付けて押さえた時に
自然にできるひびが味わいになります。
卵の殻の部分によって、ひびの入り方が変わります。

形を作るのが難しく、平らな所ばかりを使ってしまい
丸みのある所の方が、大きくひびが入るので
おもしろいものができたかなと思いました。



1068-2.jpg



皆様の作品です。
ニスを塗って、できたてのホヤホヤです。
富士山と鳥の下絵を、先生が用意して下さいました。

同じ下絵なのに、みんな違います。
どれも、その人の個性と工夫で
ステキ! と思いました。

そして、熱心に取り組まれる姿に、刺激を受けました。



1071-2.jpg



いつも独学で、色々作っているので
習うことの良さを実感した講座でした。
先生に教えていただくことの嬉しさを感じました。

卵殻モザイク、奥が深いなあと思います。
また何か作ってみたいです。

親切に丁寧に教えて下さった、安藤先生
ありがとうございました。
講座の皆様、ご一緒できて楽しかったです。
良い時間を共に過ごせて感謝いたします。

スポンサーサイト

PageTop

卵殻モザイク

卵殻モザイクの教室に行って来ました。

講師は、卵殻モザイク研究所の安藤彩子 先生です。
以前、展示会で作品を見て、
その素晴らしさに憧れていた先生です。



1049-2.jpg



4回の講座で、モザイク画とネックレスを作ります。
今日、ネックレスを作って来ました。
初めてのことは、驚きと発見の連続です。

先生に習えるというのは幸せなことと思いました。



1050-2.jpg



ベースは革で、なめしていない方に着色した殻を接着します。
やってみると、これがとっても楽しい!
夢中になってしまいました。
こんな風に、何かに集中するというのはすごく好き。



1051-2.jpg



卵の殻と思えません。いい感じ!
自由に好きな色を、ランダムに貼っていくだけなのですが
貼った殻を上から押して、ひびを入れるというのが
おもしろいです。



1047-2.jpg



卵の殻は、内側の薄皮をきれいに取るのがポイントです。
着色は、教室での基本は、日本画で使う顔彩ですが、
アクリル絵具や水彩絵具(ニスでコーティング)、
マニキュアなども使えるそうです。
試してみたいです。

モザイク画は、どんな風になりますでしょうか。

PageTop

ダイソーでコロリ

塗り絵をフランス語で、コロリアージュと
言うそうです。
夢中になりそうなので、我慢していたのですが、
ダイソーで見つけて、思わず買ってしまいました。



679-2.jpg



左は、本屋さんでもらった、お試し付きのリーフレット。
無印の色鉛筆、そして、ダイソーの「花の国」。
100円なのに、なかなかのクオリティーで、
もう1種類、可愛い系の「メルヘンの世界」がありました。



680-2.jpg



無印の色鉛筆も、ブログで評判でしたので買ってみました。
60色で2100円です。



681-2.jpg



リーフレットのお試しを、ちょっと塗ってみました。
楽しいかも♪
発色も良く、程よく柔らかく
塗りやすい色鉛筆です。



682-2.jpg



「木の質感を生かして、無塗装で仕上げました。」と書いてあり
実際に使ってみて、この質感はいいなと思いました。
自然の木に触れている感じで、癒されます。



683-2.jpg



リラックス効果というのに惹かれます。
これで、自律神経が整えば
きっと体調も良くなるでしょう。
試してみますね!

PageTop

プラ板とハサミケース

前回の記事のレース編みですが、
今日、ブティック社さんより、訂正の編み図が届きました。
最後に記載します。

プラ板=子供の工作と思っていました。
コットンタイム、2015年 7月号(NO.121)で、
そんな思いが変わりました。



645-2.jpg




裁縫グッズのチャームです。
黒一色で、こんなにおしゃれです。
0.3mm指定でしたが、そのとき0.4mmしか売っていなかったので
0.4mmで作りました。



646-2.jpg



出来上がりは、しっかりして良いのですが、
カットが大変でしたので、0.3mmぐらいが良いかと思いました。



656-2.jpg



トースターで加熱すると、4分の1ぐらいになります。
ミシンの底で、12.5cm→6.1cmです。
糸巻も作ったのですが、本にマニキュアのトップコートで、
コーティングとあったのでやってみたら

ショック!絵がとけた!

別の本で、水性のニスを使うとあり
ちゃんと、お試しをすれば良かったと反省です。



647-2.jpg



modaのサイトを見ていたら、カットクロスを使った
ハサミケースがありました。

ハサミケースの作り方 → 

英語ですが、わかりやすい写真が載っているので、
何とか作ってみました。
クロスの大きさは、12.7cm × 12.7cm です。



644-2.jpg



「爽やかに彩る レース編み」 編み図の訂正。
P92. 八角形のプチドイリー、
2段目と3段目の間に、1段追加です。
鎖1目で立ち上がり、細編み、鎖3目を15回と、
鎖1目、中長編み1目で輪にします。
トータルで、15段になります。

あと1段で完成だったので、最初のところまで
ほどいてやり直すか悩みます。

PageTop

シャドウボックス

3Dアート、スリーディメイションとも呼ばれる、
ペーパークラフトです。

大好きで、憧れのブロガーさんがいます。
明日は、お嬢様の結婚式。
お祝いの気持ちを込めてUPします。



642-2.jpg



実は、私ではなく夫作です。
ずい分前ですが、
町の講座がありまして(今は市民講座)
いつも、私ばかりが色々なものに行くので、
たまにはと勧めて、作ったものです。



641-2.jpg



初めてなので、思うように出来なかったようですが
可愛いので、ま、いいかという感じです。
その後、材料を色々買ったのに
みんなやりかけで、仕上がりません。
なので、唯一無二の作品です。



643-2.jpg



玄関に飾っています。
右の白い花は「ソラの木」で出来たもので
香りのスプレーとセットの芳香剤です。
左の蝶は、「オオルリアゲハ」というビーズのキットで
「ユリシス」という、オーストラリアにいる蝶の
和名だそうです。
見た人は幸せになるという蝶です。

きっと、素敵なお式になると思います。
どうぞ末永くお幸せに。

Congratulations !


PageTop