lapisのメルスリー

パッチワーク巾着

記事を書くのが、間に合わないlapisです。
何とか、あと少し、最近作ったものを
紹介したいと思っています。

こういうものは、作って置けば良いのにと思いつつ
何故か、いつも必要に迫られてバタバタ作ります。



799-2.jpg



ルシアンのカットクロスで、巾着を作ります。
6.5×6.5cmの布地が42枚で1パック、
それが4パック入っています。



800-2.jpg



これで1パック分、全てです。
Retro 30’の柄がとても可愛いです。
同柄が2枚あるものが、幾つかあります。



802-2.jpg



ここからが悩むところ。
パッチワークをする人は、これが楽しみと言われますが
私は苦手。たぶんセンスがないから。
とりあえず、同じ柄とか色とか、くっ付かないよう考えます。
最後はその日の気分で、思い付くまま。



804-2.jpg



何とか並べ終わると、後は何も考えず
ミシンでバンバン縫います。
時間があれば、手縫いでチクチクも良いなあと
思いますが、何せ年の瀬ですから。
クロスの大きさが揃っているので、押さえの端に
合わせる (家のは8mmの縫い代になります)だけ
なので楽です。
布の交わる所はピンを打って、できるだけ
ずれないように注意します。



805-2.jpg



横に3枚、縦に4列つないで、約 21×16cmになります。
同寸で中袋を断ち、(底は折り返したのでその分短く)
サイドと(ひも通し口は開けて)底を縫います。
中袋に返し口を残し、中表で合わせ、口を縫います。
出来上がりの形にして、ひも通しに1.5~2cmの幅で
ステッチを2本ぐるりと掛けます。
ひもは、45cmを2本です。


807-2.jpg



中袋の返し口をまつり、完成です。
プレゼントを入れても、このままでも
すてきな贈りもの。

このクロスが今、お買い得になっています。
1600円+税が→520円+税です。他にも色々。インナーもおすすめです。
定価の半額で、1000円位のブラが、買ってみたらとても良かった。
誕生月には500円のクーポンがもらえ、しっかり使わせていただきました。
送料も、3000円(税込)以上で無料です。
良かったら、こちらから

ルシアン →  「カットクロス」

スポンサーサイト

PageTop

カットクロス?

自分で、カットしたと思われますでしょうか。
いいえ、この状態で届いたものです。

実は、生地のサンプルです。



618-2.jpg



チクチクつないで、色々なものになります。
針のケースや、コンパクトのケースです。



619-2.jpg



まだ、ネット環境がなく、通販で生地を買っていた時のものです。
サンプルを送ってもらい、欲しい生地を選んで注文書に貼り
送ると、生地が届くという仕組みです。

今はネットで見て買えるので、もう増えないと思います。



620-2.jpg



4×4cmあれば、2.5×2.5cmぐらいの出来上がりになります。
つないで、キルティングしてパイピングです。
二つに折って、両サイドを巻きかがればケースになります。



621-2.jpg



見覚えのある箱ではありませんか。

東京バナナです。



622-2.jpg



満々です。ハギレや、長いのは買ったハギレなど。
並べて見るのも楽しいです。
可愛いものが出来ますように!

緊急 お知らせ
レース編みに興味のある方へ。

オリムパスさんで、金票40番レース糸 60周年記念キャンペーンやっています。
レース編みの本 「爽やかに彩るレース編み」 を購入すると、
金票40番レース糸(10g) 3玉プレゼントです。
そして、希望者は特典で 10玉まで半額で買えます。(例¥324→¥162)
期間が、6/29、 23:59 までです。
この糸は、編むのも 結うのも使いやすく、可愛い色が揃っています。

オリムパスのホームページ → 

一昨日、注文しました。
また届いたらUPしたいです。

PageTop

ハワイアンキルト

ハワイアンキルトの小物です。
ポーチに、ミニソーイングケース、カードケースです。
ベースは同じ生地を、使っています。
ソーイングケースとカードケースは、
キャシーさんの本を見て作りました。



606-2.jpg



ポーチは、ハワイアンキルトの展示会で求めた
メガネケースのキットから
モチーフを利用して、ポーチに仕立てました。



607-2.jpg



カードケースの中に、キルティングをして
パイピングをした生地を、二つ折りで
挟み込んであります。

貴重品ポケットとして、保険証を入れています。



608-2.jpg



まん中に仕切りがあることで、
カードを、分けることが出来ます。

たとえば、病院とお店といった感じです。



610-2.jpg



ソーイングポーチは、手のひらサイズで、
ハワイアンキルトに、必要最小限の物が入ります。

中にある、ケースは針の収納です。



611-2.jpg



二つ折りで、Suica位の大きさです。
これも、カードケースの中身と一緒で、
キルトした生地を、パイピングして、
中心にフェルトを、縫いつけてあります。

キルティング用の針は、とても短く
ピンクッションでは、中にもぐってしまったりするので
この形が便利です。

作って使える物が、やっぱり好きです。

PageTop

ソーイング・ケース

手芸をする人なら、きっとみんな大好きな
お針まわりの小物たち。



537-2.jpg



もう、ずい分前に作った物です。
色も変わってしまいましたが、
お気に入りなので、使い続けています。



538-2.jpg



モラ という手法です。
カットしてまつるを繰り返し、6枚位かさねています。

パッチワーク教室で、先生が使っていたケースがとても素敵で
ぜひ、作りたいとお願いして、教えて頂きました。



539-2.jpg



八つに仕切られた、糸入れは
パイピングした円形の布を、中心にセットし
8ヶ所、縫い止めてあります。

蓋のポケットも2段あり、便利です。



540-2.jpg



二つ折りの方は、横浜のキルトウィークで
買い求めたキットです。

キルトスタジオ A-two 、松山 敦子さんのデザインです。

中はアレンジして、糸を通すコードを付け
ピンクッションも、ホックで取り外せるように作りました。


今見ると、細かくキルティングしてあり
丁寧に作られています。
もう、こんなに細かくは、出来ないかもと思います。

大切に使い続けたいです。

PageTop