lapisのメルスリー

一目刺し

本当は、タティングレースの新刊を見ようと本屋に行きました。
あいにく、お目当ての本は無かったのですが、
別の本を手にして、急いで家に帰るlapisです。



CIMG1453.jpg



材料も道具も全部あるからねと、速攻で縫い始めてしまいました。

ついにサシコッキンデビューです♪



CIMG1447.jpg



片付けていた時に発掘した晒。
料理の時や、ハーブを入浴剤にしてお風呂に入れる時などに
使っていました。
大昔には、おむつや肌着も縫いました。(歳がばれる?)



CIMG1448.jpg



とりあえず、コースターサイズで 10×10cmにしてみます。
二つ折りで上下を縫って、ひっくり返し口の所はコの字とじで!
このへんは得意で余裕だったのですが. . . 。



CIMG1449.jpg



はじめての作品 「 ダイヤモンド 」 。
いくらビギナーでもわかる、失敗です。
糸を引き過ぎました。
っていうか、糸こきが出来ていません。



CIMG1450.jpg



裏側です。
コースターサイズでこんなに、しわしわじゃあ
布巾サイズになったらどうなることやら。
でも大丈夫です。 フフフ、失敗は成功のもと。
それにしても手が苦しい。そのへんにある針で縫ったら
針が抜けなくて、これ一つでもう手が大変なことに!!



CIMG1451.jpg



今度は気を付けます。
回りを一周したら、まず横から。
マニアル通りにやってみます。左側にあるのが買って来た本です。





表紙の作品に一目惚れ。パッチワークみたいで、なんてステキ!
いつか、こんな作品が出来たらいいなあ。



CIMG1452.jpg



縦を刺すとこんな感じ。
あ、針は変えました。sakuraさんから頂いた「みすや針」。
ずっと楽になりました。感謝!
さて、ななめを刺すと何になりますでしょうか?



CIMG1456.jpg



「 紙風船 」 です。
かわいい! こういうのすごく好きかも。
このデザインで布巾サイズ、刺してみたいです。



CIMG1454.jpg



右側は 「 風車 」 。
これもちょっと引きが強いかな。
模様が出て来るのが楽しくて、つい気が急いてしまいます。
一目刺しって難しいですね。
いまさらですが、ブロ友さん達の技術の素晴らしさを
思い知りました。 みんなプロだね!



CIMG1455.jpg



裏はこんな感じで。
この模様もおもしろいです。
「 風車 」 は裏も同じ模様です。



CIMG1457.jpg



左が 「 ハート 」 、右が 「 ホークス 」 ネーミングも楽しくて
全部で30のオリジナル図案が載っています。
この大きさは、お試しとか練習に、私のような初めてさんにも
手のひらサイズで、すきま時間にピッタリ。
これを巻きかがって繋いでも良いかもと思ったりします。



CIMG1458.jpg



「 ホークス 」 はYuki*さんに頂いた丸糸、ありがとうです。
Kazuの糸は何を刺そうかなとワクワクします。
初心者なのにアトリエKazuの糸や、みすや針なんて贅沢で
幸せなことでしょう。 お仕立て済みの布巾もありますしね。
素敵なお手本も頂いて(sakuraさん、れがさんさんありがとう)
ブログでみんなに見せてもらうのも、すごく楽しみです。

家の片付けが、賽の河原の石積みみたいで、やってもやっても終わりません。
右から左に動かしているようなことではだめなのよと、自分に言い聞かす。
ブロ友の皆様が居なかったら、もっと辛かったと思います。

楽しいことも取り入れないとね。
皆様、本当にありがとうございます。
サシコッキン、楽しみますヾ(o´∀`o)ノ

スポンサーサイト

PageTop

最速

いつも、のんびりなので、昨日は
私にしては珍しく頑張りました。
娘がお昼に、友人と会うのに持たせたくて
朝から始めて、なんとか昼前に仕上がりました。



CIMG1363.jpg



ベビちゃん連れの友人に、うさぎのニギニギをプレゼント。
自分で言ってれば世話が無いけど、
かわいいー!



CIMG1364.jpg



後ろはこんな感じ。
顔の刺しゅうが難しくて、何度もやり直し
間に合って良かったです。





こちらの本から、「ニギニギしたいぬいぐるみとお昼寝クッション」
本を見た時に作ってあげたい人がいたので、一目惚れ。
本では、ネコとイヌも紹介されています。



CIMG1362.jpg



タオルで出来るのが、いいなと思います。
パーツはこんな感じです。



CIMG1365.jpg



実はもう一つ、午後から作りました。
前日に型紙は用意してありましたが、こんなに急いで2つも作ると思いませんでした。
でも、こういう必要に迫られるというのは大切かもです。
そうでないと、なかなか出来なかったりするので。



CIMG1367.jpg



手縫いでもミシンでもOKで、ミシンを使用しました。
難所はこちら。
耳のカーブが一番きついので、一針一針でした。



CIMG1368.jpg



ひっくり返す時に、刺しゅう用のトレーサー(図案を写す道具)を使います。
きれいに形が作れます。
タオル地なので、糸くずが. . . 。



CIMG1371.jpg



2つ目も無事完成。
またちょっと顔が違う。
喜んでもらえるといいなあ、
そこのあなたさま、送りますのでよろしくです。



CIMG1370.jpg



昔、カントリードールとか作った時のことを思い出しました。
そういえば、あれもうさぎだった。

♡ 先程、娘のLINEに、うさちゃんと遊ぶ可愛い写真が届き
  癒されました。
  頑張って良かったです!

PageTop

チャリティー ショップでお買い物

パソコンを始めて、支援の活動をされている多くの方々のことを
知ったり、出会えるのは嬉しいことでした。
そんな中で、チャリティーショップは
ハンドメイド好きにとってはなによりです。

熊本チャリティーの「金魚屋&ちくちくショップ」から
届いた生地で、早速作ってみました。



708-2.jpg



ほぼ日手帳を入れるBAGです。
裁断の時、柄で取るか、生地に無駄なく取るか迷いましたが
せっかく、あえてそのままでとおまけして
いただいたので、70×60cmの60の右側に
飛び出している部分で、ちょうど取れました。



712-2.jpg



裏も可愛く出来ました。
手帳カバーは、いつもはブルー系の無地を
選ぶのですが、今回は賑やかなカバーにしました。
おもちゃ箱みたいです。



709-2.jpg



バッグの中は、手持ちのピンクにグレーのドットです。
持ち手は、持って歩く用なら、もう少し太くしますが
細くする理由は次の写真で。



710-2.jpg



こんな風に掛けています。
これが、なかなか便利で、すぐ手に取れて
置き忘れも無くなりました。
可愛い、うさぎのマスコットもぴったりです。



707-2.jpg



お買い物で支援ができて、感謝の気持ちです。
でもそこには、作品や資材を提供されたり
無償で、頑張って下さる方がいることを
しっかり、心にとどめたいと思います。
ありがとうございました。


お ま け


706-2.jpg


チャリティーショップに元気をもらって、
やりかけの作品を仕上げました。
これがまた、元気の素になると いいね!

PageTop

バナナ スタンド

いつも買おうと思って、忘れてしまい
(たぶん他の物に夢中で)
やっと買った、ダイソーのバナナスタンドです。



697-2.jpg



バナナの為ではなく、糸の為に求めました。
(ネットで、使っている方のブログを見て)



693-2.jpg



工業用のミシンを最近は使わないので、糸の有効利用にと
ネットで専用の物も売っていますが、
これで間に合ったら嬉しいです。



694-2.jpg



今まで、ボビンを2つ巻いて、下糸、上糸にしたり、
窓際なので、カーテンレールにS字フックを掛けてみたりしました。



695-2.jpg



どれも縫えますが、バナナスタンドが一番縫い目が良いかも。
糸のテンションが合っているようです。



696-2.jpg



シュシュ完成です。

チャリティーshopで材料を注文したので、届いたら
作ろうと思っている物があります。
これで準備OKです。

お買い物で支援が出来る
熊本チャリティー「金魚屋&ちくちくショップ」
ビーズ作家さんの可愛いマスコットと
お得な資材!
臨時shopなので、お急ぎ下さい!

のたりんさんのブログからどうぞ → 

PageTop

針の収納

キャンデイの缶(直径8cm、高さ3cm位)
ジャムの空き瓶、パッチワークのケースです。



614-2.jpg



缶は待ち針を入れています。
蓋があると安全です。
ピンを打ってミシンを掛ける時、
はずしたピンを入れるのに、蓋が便利です。



615-2.jpg



ジャムビンは繕いものセット。
スライド式で収納できる、ハサミが入っています。



616-2.jpg



フェルトとマグネットシートは、
針の収納に大活躍です!

フェルトを二つに折って、くるくる丸めるだけでも
収納になります。(ジャムビンの)
ただ、材質によっては錆びてしまうので(ポリエステルなど)
注意が必要です。
純毛かウールのハギレなどが良いと思います。



617-2.jpg



キャンデイ缶の中身は、コーヒーを入れた後の豆です。
良く乾かして入れます。
円形に縫った袋に入れて、上に一枚
円形の布をぐし縫いして、かぶせています。

縫い針は、手作りのケースに入れています。
なぜかというと、コーヒー豆の中から
縫い針が20本位、出て来たことがあって
それから、分けるようになりました。

ジャムビンの蓋の裏には、マグネットシートを丸く切って
両面テープで貼り付けています。
ちょっと針を置く時に便利です。



612-2.jpg



おまけ

タティングのがまぐち(井川 麻由美さんのキット)を、
手持ちの口金と、レース糸で作って見ました。
私にしては最速の二個目です。
もう一つ位作ると、納得の物が出来るかな
という感じです。

PageTop