lapisのメルスリー

脱、丸文字

今月の初めから、講座に通っています。
ちょうど二年前に、別の講座で教わった先生で
今回、娘も行きたいというので
二人で学んでいます。



CIMG1391.jpg



最初、まったく書けなくて、それでも練習しているうちに
少しずつ、形が分かるようになりました。
正しく書いた文字は、やはり美しいです。

せめて、住所と名前ぐらいはカッコ良く書けるようになりたいです!



CIMG1396.jpg



前回は写経を習いました。
これは、講座の最終日に教室で書き上げたものです。

とても素晴らしい先生で、熱心に教えて下さって
ここまで書くことが出来ました。
また教わることが出来て、すごく嬉しいです。



CIMG1397.jpg



ハンドメイドの方は、クロスステッチです。
中国製のキットというのが気になっていて、
ちょうど、気に入った図案があり買ってみました。



CIMG1398.jpg



さすがの中国製で、DMCの色番が書いてあるのに
まったく違う色がセットしてあって、びっくりでした。



CIMG1399.jpg



家にあるDMCのチャートでチェックして、3色ぐらい
手持ちの糸と交換しました。
後はセットされている糸の量で足りるかという感じです。
色々と難ありですが、なんとか仕上げようと思います。



CIMG1400.jpg



刺し子を始める予定でしたのに、クロスステッチをやってみたら
なんか落ち着いてしまって、楽しくて
今はこれかなという感じです。

スポンサーサイト

PageTop

lapisのちくちく

最近、ブロ友さんの素敵な刺し子を見て、うずうずしています。
刺しゅうが大好きで、リボン刺繍、ドロンワーク、ダイステッチワーク
フランス刺繍などやりました。
ハーダンガーもキットは買ってあり、作ってみようと思っていて
でも、一番好きなのはクロスステッチ!



1314-2.jpg



タティングのドイリーにステッチしてみました。
沢山の図案の中から、これに決めたのはバランスと色。
レース糸とそっくり同じ色の刺しゅう糸が入っています。
タティングレースと刺しゅうが、それぞれを引き立てあうように考えました。

右側のはsumieさんの本にあった、シザーキーパーに
マイブームのモチーフを付けてみました。
こういうアレンジが大好きです!



0341-2.jpg



こちらはビスコーニュ。




この本を買って、その中から気に入った図案をアレンジして作りました。



0342-2.jpg



グラデーション(段染め)の刺しゅう糸を使っています。
まん中にはスワロフスキーのビーズを留めてみました。



0154-2.jpg



これは、フェリシモのキットでクロスステッチのサンプラー。
あと3つぐらいは仕上げてありますが、プレゼントしてしまって
写真を撮っておけば良かったです。
確か、ドイツ製の生地とかで、穴がとても分かりにくく苦労しました。



0112-2.jpg



小物も作ります。
ストラップのキットです。
自分で作ったビーズのチャームを付けてみました。
lapisらしくなりましたでしょうか。



0302-2.jpg



DMCの箱に入ったカードの図案から、一番好きなデザインを選んでみました。

みんな、どこかに仕舞い込まれたままなので、
発掘してアップでお披露目したいです。



CIMG1361.jpg



今は、タッセルチャーム増殖中♪
ラッピングをすると、タッセルが広がってしまうので
ちょっと工夫をしてみました。

もう少ししたら、「ちくちく戦隊 サシコッキン」デビューの予定。
刺し子ってどんな感じなのだろう?がんばろうっと!

PageTop

きのこ

ステッチ 終りました。

可愛い きのこ が完成です。



914-2.jpg



刺しゅうの福袋に入っていた、DMCのミニキットです。

Champignons / Mushrooms



915-2.jpg



大きさはこのくらい、13 × 13 cm。

図案部分は、9 × 9 cmぐらいです。



907-2.jpg



まず、糸の色分けから始めます。
チャートの記号と、写真を見比べて、色番を決めます。
同じような色もあるので、ハッキリ分かる色から
選んでいくと良いです。



908-2.jpg



この図案で10色です。図案の中心とクロスの中心を合わせ
まん中あたりから始めます。
クロスステッチの仕上がりの決め手は、糸のよじれを防ぐことと
引き加減、そして、ルート探しと思います。



909-2.jpg



糸のよじれを防ぐ方法の一つに、こんなやり方があります。
糸を割るという方法です。
一般的には、針をぶら下げて、自然にくるくる回すなどです。
私は、よじれると、撚りが掛かった方向と反対に
針を回しながらステッチしています。



910-2.jpg



糸が揃うと綺麗ですが、全てという訳にはいかないので
(趣味が修行になってしまいます)できるだけと、心掛けています。
あとは糸の引き加減、最初の頃は引き過ぎでしたが、
今はふっくらするようにしています。
でも、ゆる過ぎると表面がデコボコになってしまうので、加減が難しいです。



911-2.jpg



14カウントのアイーダなので、1 cmに 5.5 目になります。
独学なので、ルート探しは正しい方法がよく解らないのですが、
うまくいくと裏も綺麗です。渡る糸を短く、裏縦を基本にしています。



913-2.jpg



ステッチが終わったら、裏側から当て布をして、スチームを浮かしながら掛けます。
このサイズなら、利用方法はポーチ、巾着、小物入れなど
布地と合わせて、はめ込んだら可愛いかな。



922-2.jpg



久し振りにクロスステッチをして、やりかけの作品を出してみました。
絵の部分で 25 × 36 cm ぐらいです。



921-2.jpg



クロスステッチ部分は終わっています。
ラインをステッチすれば完成します。
何年も持ち越したので、そろそろ仕上げたいです。

PageTop

刺しゅうの福袋

まだ、微妙に間に合いそうなので、
急いでご紹介します。
不備がありましたら、お許しを。



864-2.jpg



「つくる楽しみ. com 」の福袋です。
楽天店は完売していますが、本店はまだあります。
残り少ないようなので、売れてしまったらごめんなさい。
3,240円 (税込) 送料無料、1月15日まで。



865-2.jpg



DMCのクロスステッチ キットです。
メインのキットがこちらの3点でした。
左から、Moderate、Easy、Advancedで、リネンが2つ
アイーダの14カウントが1つです。
たぶん右側のキットだけでも3,000円以上します。
リネンは難しいのですが、ステッチャーさんなら
一度は作ってみたいもの。


866-2.jpg



その他に、フープの入ったキットと、松ぼっくりにきのこ、
タッセルは完成品に飾りを付ける物。
10cmのフープに、刺しゅう糸4色です。



867-2.jpg



なんだか楽しそうなキットです。
10cmのフープを置くとこの位の大きさです。



868-2.jpg



フープは直径19cm(外側)、布地にフェルト、
赤のマーカーと針。糸はエフェクト(ラメ)とカラーバリエーション
(段染め)も入っていました。
フリーでステッチして、フープに入れて飾る、そんなキットです。



906-2.jpg



きのこ製作中です。
ワンポイント・レッスンやりますね。
お楽しみに!

ビーズのリストウォーマーの、キットを販売している
サイトがあります。 良かったら参考まで。

TEORIYA オンラインショップ
           リストウォーマー → 

PageTop

クロスステッチ

満を持しての登場です。
一番 UP したかったもの。
DMCのキットで、
「Crockery and Violets」
25×35cm、アイーダ、白、16カウント。



601-2.jpg



もう何年も前に仕上げた(7~8年前かな)もので、
当時、もちろんオンラインではありませんので、
ヴォーグ社の通販で求めました。



632-2.jpg



色とデザインに一目惚れで、私にとっては
大作でしたので、半年ぐらい掛かって仕上げた
記憶があります。

DMC 2016-17 コレクションカタログ(日本版)に
同じものが載っていて、びっくりしました。
中に、「ベストセラーキット。日本だけの定番として
発売しています。」と書かれていて、納得でした。



635-2.jpg



カップの縁と



633-2.jpg



ドラジェの入った、カフェオレボールの縁に
金の糸でステッチをしています。
光の加減で、キラキラしてとても綺麗です。



634-2.jpg



ピッチャーのバラの花柄、敷物の柄などが好みです。
この辺のデザインは、切り取って、ワンポイントで
ステッチしても素敵です。

まだ未完の大作があります。
ブログで紹介出来るのを楽しみに、
頑張ろうかなと思います。

PageTop