lapisのメルスリー

lapisのちくちく

最近、ブロ友さんの素敵な刺し子を見て、うずうずしています。
刺しゅうが大好きで、リボン刺繍、ドロンワーク、ダイステッチワーク
フランス刺繍などやりました。
ハーダンガーもキットは買ってあり、作ってみようと思っていて
でも、一番好きなのはクロスステッチ!



1314-2.jpg



タティングのドイリーにステッチしてみました。
沢山の図案の中から、これに決めたのはバランスと色。
レース糸とそっくり同じ色の刺しゅう糸が入っています。
タティングレースと刺しゅうが、それぞれを引き立てあうように考えました。

右側のはsumieさんの本にあった、シザーキーパーに
マイブームのモチーフを付けてみました。
こういうアレンジが大好きです!



0341-2.jpg



こちらはビスコーニュ。




この本を買って、その中から気に入った図案をアレンジして作りました。



0342-2.jpg



グラデーション(段染め)の刺しゅう糸を使っています。
まん中にはスワロフスキーのビーズを留めてみました。



0154-2.jpg



これは、フェリシモのキットでクロスステッチのサンプラー。
あと3つぐらいは仕上げてありますが、プレゼントしてしまって
写真を撮っておけば良かったです。
確か、ドイツ製の生地とかで、穴がとても分かりにくく苦労しました。



0112-2.jpg



小物も作ります。
ストラップのキットです。
自分で作ったビーズのチャームを付けてみました。
lapisらしくなりましたでしょうか。



0302-2.jpg



DMCの箱に入ったカードの図案から、一番好きなデザインを選んでみました。

みんな、どこかに仕舞い込まれたままなので、
発掘してアップでお披露目したいです。



CIMG1361.jpg



今は、タッセルチャーム増殖中♪
ラッピングをすると、タッセルが広がってしまうので
ちょっと工夫をしてみました。

もう少ししたら、「ちくちく戦隊 サシコッキン」デビューの予定。
刺し子ってどんな感じなのだろう?がんばろうっと!

スポンサーサイト

PageTop

きのこ

ステッチ 終りました。

可愛い きのこ が完成です。



914-2.jpg



刺しゅうの福袋に入っていた、DMCのミニキットです。

Champignons / Mushrooms



915-2.jpg



大きさはこのくらい、13 × 13 cm。

図案部分は、9 × 9 cmぐらいです。



907-2.jpg



まず、糸の色分けから始めます。
チャートの記号と、写真を見比べて、色番を決めます。
同じような色もあるので、ハッキリ分かる色から
選んでいくと良いです。



908-2.jpg



この図案で10色です。図案の中心とクロスの中心を合わせ
まん中あたりから始めます。
クロスステッチの仕上がりの決め手は、糸のよじれを防ぐことと
引き加減、そして、ルート探しと思います。



909-2.jpg



糸のよじれを防ぐ方法の一つに、こんなやり方があります。
糸を割るという方法です。
一般的には、針をぶら下げて、自然にくるくる回すなどです。
私は、よじれると、撚りが掛かった方向と反対に
針を回しながらステッチしています。



910-2.jpg



糸が揃うと綺麗ですが、全てという訳にはいかないので
(趣味が修行になってしまいます)できるだけと、心掛けています。
あとは糸の引き加減、最初の頃は引き過ぎでしたが、
今はふっくらするようにしています。
でも、ゆる過ぎると表面がデコボコになってしまうので、加減が難しいです。



911-2.jpg



14カウントのアイーダなので、1 cmに 5.5 目になります。
独学なので、ルート探しは正しい方法がよく解らないのですが、
うまくいくと裏も綺麗です。渡る糸を短く、裏縦を基本にしています。



913-2.jpg



ステッチが終わったら、裏側から当て布をして、スチームを浮かしながら掛けます。
このサイズなら、利用方法はポーチ、巾着、小物入れなど
布地と合わせて、はめ込んだら可愛いかな。



922-2.jpg



久し振りにクロスステッチをして、やりかけの作品を出してみました。
絵の部分で 25 × 36 cm ぐらいです。



921-2.jpg



クロスステッチ部分は終わっています。
ラインをステッチすれば完成します。
何年も持ち越したので、そろそろ仕上げたいです。

PageTop

刺しゅうの福袋

まだ、微妙に間に合いそうなので、
急いでご紹介します。
不備がありましたら、お許しを。



864-2.jpg



「つくる楽しみ. com 」の福袋です。
楽天店は完売していますが、本店はまだあります。
残り少ないようなので、売れてしまったらごめんなさい。
3,240円 (税込) 送料無料、1月15日まで。



865-2.jpg



DMCのクロスステッチ キットです。
メインのキットがこちらの3点でした。
左から、Moderate、Easy、Advancedで、リネンが2つ
アイーダの14カウントが1つです。
たぶん右側のキットだけでも3,000円以上します。
リネンは難しいのですが、ステッチャーさんなら
一度は作ってみたいもの。


866-2.jpg



その他に、フープの入ったキットと、松ぼっくりにきのこ、
タッセルは完成品に飾りを付ける物。
10cmのフープに、刺しゅう糸4色です。



867-2.jpg



なんだか楽しそうなキットです。
10cmのフープを置くとこの位の大きさです。



868-2.jpg



フープは直径19cm(外側)、布地にフェルト、
赤のマーカーと針。糸はエフェクト(ラメ)とカラーバリエーション
(段染め)も入っていました。
フリーでステッチして、フープに入れて飾る、そんなキットです。



906-2.jpg



きのこ製作中です。
ワンポイント・レッスンやりますね。
お楽しみに!

ビーズのリストウォーマーの、キットを販売している
サイトがあります。 良かったら参考まで。

TEORIYA オンラインショップ
           リストウォーマー → 

PageTop

クロスステッチ

満を持しての登場です。
一番 UP したかったもの。
DMCのキットで、
「Crockery and Violets」
25×35cm、アイーダ、白、16カウント。



601-2.jpg



もう何年も前に仕上げた(7~8年前かな)もので、
当時、もちろんオンラインではありませんので、
ヴォーグ社の通販で求めました。



632-2.jpg



色とデザインに一目惚れで、私にとっては
大作でしたので、半年ぐらい掛かって仕上げた
記憶があります。

DMC 2016-17 コレクションカタログ(日本版)に
同じものが載っていて、びっくりしました。
中に、「ベストセラーキット。日本だけの定番として
発売しています。」と書かれていて、納得でした。



635-2.jpg



カップの縁と



633-2.jpg



ドラジェの入った、カフェオレボールの縁に
金の糸でステッチをしています。
光の加減で、キラキラしてとても綺麗です。



634-2.jpg



ピッチャーのバラの花柄、敷物の柄などが好みです。
この辺のデザインは、切り取って、ワンポイントで
ステッチしても素敵です。

まだ未完の大作があります。
ブログで紹介出来るのを楽しみに、
頑張ろうかなと思います。

PageTop

カロチャとマチョー

作って見たい物があります。
ハンガリーの刺繍です。

民族衣装などに施された、花の刺繍です。
色合いやデザインに
とても心ひかれました。

お試しで、NHKのテキスト(後日、調べて
追記します)を参考に作ってみました。

直径11cmぐらいのミニドイリーです。

470-2.jpg

生地は天竺(赤)と、麻(青)
縁のステッチは、赤がサテンで青がボタンホールです。
中は、サテンステッチとアウトラインです。

正直、サテンステッチを甘く見ていました。
真っ直ぐ、ステッチするだけなのに
こんなに、難しいとは...。

糸はDMCのコットンパール8番を使用しています。
この糸に付いては、また
後日、記事にしたいと思います。

472-2.jpg


471-2.jpg

お試しなので、本とは違う色ですが
雰囲気は出てるかと思います。

生地は、それぞれ一長一短で、縁のステッチも
どちらを使うか悩みます。
こういう時に、本物を見たいと切に思います。
自分の目で見て、ふれて
初めて、解ることがあると感じています。

CIMG0473.jpg

実は、単純なものほど、奥が深く
難しいのかも知れません。
タティングレースも、表目、裏目の
たった2っの結い方なのに
その目がそろうまでは、大変でした。

サテンステッチも、沢山ステッチして
初めて自分の物になるのでしょうね。

ブログを始めたことでもあり
作って見たい物の、型紙は起こしてあるので
日々、UPしながら進めていくのも悪くないかも。

う~ん でももう少し練習かな?
乞うご期待!

PageTop