lapisのメルスリー

タッセルチャーム

「はじめてのタティングレース101」より、
本でこのデザインを見た時、あの糸を使ったら
きっと素敵と思い試してみました。



1315-2.jpg



思った通りの仕上がりに満足です。
ピッチの間隔もいい感じで、本より大き目(+ 1cmぐらい)ですが
バッグチャームとしては、丁度良い感じです。



1281-2.jpg



作品 NO.64 (Design かんの なおみさん)
シャトル一個で、リングの繰り返しで、ビーズを入れながら結います。
この糸で、2m10cmぐらいで出来ました。
ビーズの数は、それ程多くないので、送りながらでも大丈夫ですが
最初に通して、分散して巻くのもありと思います。



1282-2.jpg



ダイソーの#20、オーシャン。
ブルーのグラデーションに、パールビーズが良く似合います。
私の好きな色。
チャームとして使用する場合、ビーズとタッセルの重さがあるので
きつめに結うのがおすすめです。



1284-2.jpg



ここで、お道具登場。
ずい分前に買ったままになっていた
タッセルメーカーとハンディヤーンツイスターを
使ってみます。



1285-2.jpg



いい感じに出来ました。
使い慣れるには、少しコツが必要なので
もっと使わないとでした。





こちらの本から、あと少し作ってみました。


1350-2.jpg



作品 NO. 1、 58、 70、結ったままで、仕上げをする前で
こんな感じなので、手に合っているかなと思います。
あっ、画像で見ると、整えなくてはのところ発見。

好きなものを自由に作れるって楽しいです!

スポンサーサイト

PageTop

タティングレースの収納

ずっと紹介しようと思いつつ、
なかなかUPしなかったものです。
丁度、撮影小物に使おうと出してきたので
UPしてみます。



1325-2.jpg



lapisさーん、タティングレース見せて。
と言われると、
はーいと、このバッグを持ってきます。



1324-2.jpg



上から見ると、こんな感じ。
まだ、UPしていないものが、結構入っています。ふふふ。
黄色のファイルは前に紹介した、糸のサンプル帳。
まん中の白っぽいのが、今回ご紹介するモチーフの収納です。



1323-2.jpg



実はリング式の写真アルバムです。
ボケットアルバムなどでも出来ると思いますが、
モチーフを入れると結構厚みが出るので、
この形がベストでした。



1318-2.jpg



こんな感じで入っています。

久し振りに見たら、なんか色々作っていましたね。



1319-2.jpg



ページを開くと、このようになっています。
白っぽいモチーフが多いので、台紙に100円ショップの
カラー用紙の黒をカットして入れています。

リングの所の補強シールも100円ショップです。
ハート型で可愛かったので。
余白には、使用糸とかメモしています。



1320-2.jpg



先程ぐらいのモチーフでしたら良いのですけど、
もう少し、小さかったり、細長いと
抜け落ちてしまいます。
なので、マステでちょっと止めてあります。



1321-2.jpg



写真サイズより大きいものは、クリアファイルで。
こちらも100円ショップに売っていました。
100円ショップ大好きです!



1322-2.jpg



もう一つ、これは皆様のお家にもあるジブロック。
ファスナーの上部分に、目打ちで穴を開けて
入れてみました。
細かいものの収納に良いかなと。

このファイルの良い所は、出し入れが自由で
簡単に、順番を変えたり出来ることです。



1326-2.jpg



おまけ。
新しい本から、チャームを作ってみました。
夫に、神社の飾りかなんて言われて、
あーやだやだ!センスのない人はこれだから。
可愛いですよね。私はいいなあと思うのですが。

次回詳しく記事に書きますね。
お楽しみに!

PageTop

ポップコーン ヤミー と i+

ブロ友の皆様、そして、訪問して下さった方
本当にありがとうございました。心から感謝いたします。
“おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。”
(今更ですが、これ糸井氏のコピーって知らなかった)
で、ちょっとググっていましたら、面白いもの発見!
「魔女の宅急便」キャラクター診断
       よかったらどうぞ →  
やってみました。 「ジジ」 タイプでした。
“一度落ち込みモードに入ると、悪い方にばかり考えて、
勝手に谷底まで落ち込んでしまうような一面も持っています。”
なんて、アハハハハ、けっこう当たってた!ネット占いおそるべし。



1251-2.jpg



こちらのケース、ブログで見て、いいアイデアと思いまねっこです。
レース糸のラベルとモチーフを収納します。
ラベルって取っておくのですけど、どの色か分からなくなったりするので
これはいいなと思いました。

紹介していたブロガーさん、もう一度探したのですが
記事が見つからず、お名前も出せずにごめんなさい。
すてきなアイデアをありがとうございました。



1249-2.jpg



ケースを止めるゴムバンド、作ってみました。
モチーフを編んで縛ります。
上からビーズを縫い付けて完成です。



1250-2.jpg



こんな感じになります。
このゴムバンドのことは、別の記事で
もう少し詳しくご紹介しますね。
ケースはダイソーです。ラス2で買えて嬉しかったです。
そして、もう一つ。



1253-2.jpg



ぺんてるのアイプラスという商品です。
好きなリフィルが入れられます。
3本用と5本用があって、私のは5本用。
シャープペンと4色のカラーを入れています。



1254-2.jpg



好きなリフィルを入れるペンは、色々ありますが
ペントップに穴があるのは珍しいかな。
ここに、スマートフォン用のイヤホンジャックアクセサリーが付けられます。
カニカンでタティングのモチーフを付けてみたら、なんとも可愛い。
軽いし、カチャカチャいわないし、これ良いかも。

胸ポケットにペンを入れる人なら、モチーフが揺れて
おしゃれだよね、なんて思いました。
愛用中です!

PageTop

ブラック lapis

今日は、いつもと違う内容です。

人のぐちに付き合っていられないわとか、
そういうの好きじゃないという方は、どうか
今回はスルーして下さい。
注)画像も本文とは一切関係がありません。
  (どっかで聞いたセリフ)



1238-2.jpg



タティングのグループがありまして、ちょっと昔に入っていました。
たまたま、近くに用事があって、久し振りでしたので
懐かしくなってお邪魔しました。

先生はとても素敵な方で、良くして下さって
手ぶらの私に、シャトルを貸して下さり(いただいてしまった)
レッスンにまぜてもらいました。
楽しくて、また参加しようかなと思っていたのですが. . . 。



1244-2.jpg



後日、ある人からメールがきて、
来る時はメールをしてから来るようにと。
また、先生には講師料を払って教えてもらっているので
先生の時間が終わってから来るようにと。
ショックでした。
浮かれていた自分が恥ずかしくなりました。
シャトルまでもらって、ただで教わっていったのが
気に入らなかったのでしょうね。



1246-2.jpg



いっそのこと、拒否してもらった方がすっきりするのに。
どうも私の作品とか、情報とかは欲しいらしく
次に来る日と、時間を指定されました。
その日がもうすぐ近付いています。

あるブロ友さんに、ちょっとこぼしたら
「楽しくないのは参加する意義なし」と言ってもらいました。
大きくうなずきました。



1247-2.jpg



私だって、情報を得るのに、それなりに
時間もお金も掛けているのに、そういうところは
分かってもらえないみたいです。
それに、情報交換しましょうって言われるけど
私はずーっとアウトプットでした。
交換って何?インプットがないじゃん!
それでも、仲良くしてもらえたなら、それで良かったのに
そうでもなくて、だからサークルやめたのに。



1231-2.jpg



人間関係は難しいです。
ただ、救いは、ネットで素敵な人達と出会えたことです。
ネットのコミュニティーなんてバーチャルなものと
思っていましたが、いえいえどうして
とても優しくて、温かかったです。
喜びをくれるのも人であり、苦しみを与えるのも人なら
私はどちらでありたいか、言わずもがなです。

吐き出してしまったら、スッキリしました。
お付き合い下さった方、ありがとうございました。
あれですよね、もちろん行かなくていいですよね。
また、何か言って来たらどうしようかな。
ちょっと悩むlapisです。

PageTop

発掘

始めないことには、終わらないということで
少しずつ、片付けをしています。

でも、まったく進みません!
だって、色々なものが出て来て、遊んでいるから。
始める前より、散らかっている???



1186-2.jpg



ブロ友さんのところで、刺し子部が発足した模様。
うちにもありました。
本の中に “アメリカではパッチワークキルトの作家達が
刺し子の勉強をしていると聞きます。” とか
“刺し子の模様はキルトにも応用できますし、また外国で生まれた
キルトの模様を日本の刺し子に使うこともできます。” とあります。

たぶん、パッチワークに夢中だった頃
何か試みようと思ったのかも知れません。



1184-2.jpg



もう一つ、謎のキット。
なんで謎なのと思われますか。



1183-2.jpg



ポケットがしっかり縫い付けてあるのです。
コの字型に返し縫いまでして!
刺し子のラインの上にミシン。どうやって刺すの?
そんなことが作れなかった事情かもしれません。
このエプロンするかなあ。
リメイクして袋物とかの方がいいかも。



1209-2.jpg



こんなのもあります。
30年以上前に買った本(左側)とシャトル。
19年前に買った本。
出会った時に、習得していたら
今頃、すごいことになっていたかも。
この本のお話はまた後日。



1211-2.jpg



こちらも、18年前の本ですが
今見ても可愛いです。
キティちゃん作りたくなります。
やりだすと片付かないので、お預けです。

そして、発掘 片付けは続く・・・。

PageTop